九州旅行


2009年5月17日 〜 5月23日 北九州のたび
2010年5月16日 〜 5月22日 南九州のたび

九州のたび


6月から高速道路の料金が変更されるとの事で、2回目の“九州のたび”をしてきました。

     姫路東IC 〜 湯布院IC  距離 約640km

12,900円のところが1,000円で行けましたょ。なんか 得をした様で うれしくなりました。


大きくル−トを紹介しましょう。(泊まった場所を書きます。)

1回目 (2009年5月17日 〜 5月23日 北九州のたび) の ル-ト
姫路 〜 佐賀の唐津 〜  九重 黒川温泉 〜 阿蘇 〜 雲仙 〜 佐賀呼子 〜 湯布院 〜 姫路

2回目 (2010年5月16日 〜 5月22日 南九州のたび) の ル−ト
姫路 〜 湯布院 〜 宮崎 〜 桜島 〜 指宿 〜 霧島 〜 九重 〜 姫路

九州の印象は、 季節がよかったのか 九重高原の若葉のいろ 見わたす限りの草原 気持ちがおおらかになり 癒されました。
雲仙の温泉 霧島温泉の横にある新湯温泉 さらには 指宿の砂ぶろ よかったです。
旅館も 筋湯温泉の“やまの菜(いろ)” で泊まらして頂きましたが なにか 心に残るものがありました。風情がありました。
久しぶりも久しぶり ユ−スホステル 湯布院カントリ−ロ−ドさんにお世話になった時には 青春を思いだしました。
「いい思い出をありがとう。」の一言しかいえませんが今度行くときもよろしくお願いします。
夜のライトアップ散策の時に見た “月と金星のランデブ−” きれかったですよ。
次の日の地元の新聞の一面に載っていましたね。残念なことに朝日新聞には 載っていませんでしたが。
旅の途中 (コ−ヒ−の道具を持運びました) 気持ちがいい場所で、点てたコ−ヒ−をいただくのは すごくおいしかったです。
薩摩焼には白焼と黒焼がある事 唐津焼の朝鮮唐津に絵唐津 鍋島藩の伊万里焼 どれも良いものですね。
お気に入りの写真も見てください。


写真は 2009年 2010年 どちらも載せています。

関門海峡を渡りました。

大橋に行く途中のお店で  テレビに出演された そうです。


日本一の大橋です

九重高原の風景



大観望にて コ−ヒ−を。



阿蘇です



阿蘇神社の参道 湧き水がいたる所に。



阿蘇から 高千穂峡へ 



高千穂峡から 長崎へ  オランダ坂の印象が無かったので、その坂を見たいと思い立寄りました。


つるべ〜の家族に乾杯 を見て ここ 唐津焼に来ました。


鍋島藩 の 焼き物  伊万里焼  美しい風景です。 山水朴画の中にでてくる町並みのような・・・



雲仙普賢岳 あの火砕流の爪あとが・・・  硫黄の臭いがプンプンしてます。  温泉は最高です。



湯布院の朝 昨日に見た“月と金星のランデブ−”の印象が鮮明によみがえります。
湯布院カントリ−ロ−ドユ−スホステルに泊めて頂いた時 夜のライトアップツア−に参加し、そのとき見たんですよ。
ユ−スホステルには何十年ぶりに宿泊しました。同年代ぐらいの方とも話が弾み楽しい一夜を過ごしました。
ペアレンツのかたが、一番若かったのではないでしょうか? ありがとう ございました。

湯布院
                              湯布院のユ−スホステルです。http://www4.ocn.ne.jp/~yufuinyh/index.html

湯布院 御三家のひとつ むらた 
   2000万円の音響設備で音楽を聴きながらの
   ティタイム ピ−ロルを食べながら・・・



かの有名な 宮崎県庁

マンゴ  おいしかったょ。

宮崎から 日南海岸で鵜奴神宮 都井岬へ さらに南下し佐多岬まで




霧島温泉 新湯温泉 えびの高原
  新湯温泉の隣は、国民宿舎です。また ここに来る機会があったら、間違いなくここに宿泊するでしょう・
  温泉は、いい湯でした。




指宿温泉 知林ヶ島の前にて・・・ここは、干潮時のみに島に歩いて渡れます。
                                                       山川砂むし温泉で



知覧平和公園へ到着したのが5時をまわった後で、資料館は閉館となっていました。

知覧平和公園の隼
薩摩焼の絵付け沈 寿官 の 窯元で


筋湯温泉 やまの彩(いろ) で泊まりました。 落ち着いた雰囲気で よかった。
    私に あう ゆかた が有りました。し、ちょっとした心使いで ほんのりとした香り付けが・・・
    従業員の方の対応も親切で 大変気に入りました。 



九州を離れる前に コ−ヒ−タイム  長者原で
  広々とした草原で 珈琲をいただく。 すごく ぜいたくな時間を持つことができました。 感謝!



九州一周のたび  
                       さらば 九州 よ !